当院の主な治療

~治療は3つの根幹から成り立っています~

1.エコーガイド鍼治療

肩こり・腰痛に深く関係するFasciaを鍼でリリース(解放する・滑走性をつける)する
東洋医学の鍼治療は経験医学であり取穴は治療家の感に頼るものが多いとされていますが、超音波観察装置を使用することにより正確で安全なファシアリリースを行うことができます。写真挿入1 超音波機械と画像 

日本整形内科学研究会(JNOS)Fasciaに関係する運動器疼痛および難治性疼痛等における診療・学術・教育・研究の発展を主目的として設立された医師、歯科医師、医療従事者資格所持者等(入会選考審査在り)による団体に所属し日々研究を行っております。

Fasciaファシアとは?

Fascia(ファシア)は、筋膜・皮膚・腱・靭帯・関節包・脂肪組織・血管周囲膜・神経周囲膜などの線維性結合組織の総称と表現されます。(参照:日本整形内科学研究会HPより)Fasciaには、筋膜Myofascia(マイオファシア)や皮膚や臓器などを包む薄い膜も含まれます。そのなかでも筋膜は全身の筋肉をボディースーツのように包みこむと同時に筋肉の中にも入り込んでいるため、第2の骨格と重要な存在と言われています。

Fasciaによる痛みの症状は「筋膜性疼痛症候群」

Fasciaの滑走性の異常による影響は、筋膜性疼痛症候群だけではなく関節包や靭帯が原因となる関節の痛みや可動域制限、神経や血管の影響から手足のしびれなどの感覚異常、めまい、眼精疲労、自律神経失調症など様々です。

日常生活において繰り返し動作や無理な姿勢、誤った身体の使い方、運動不足など異常なFasciaの生じる可能性が潜んでいます。

鍼が苦手な方でも徒手によるリリースやメディセルという皮膚と浅い筋膜をリリースする機械も取り揃えておりますので安心して治療を受けることができます

2.運動療法

ストレッチでもファシアの滑走性を改善できます。

また滑走性の改善後は身体が正しく動かせることが重要となってきます。再発予防のためにも運動療法は必須です。

また、厚生労働省も注視しているロコモティブシンドローム(加齢に伴う筋肉や骨、関節、神経などの運動器障害が原因で要介護となる危険性の高い状態をいう)の予防としても正しく、定期的に身体を動かすことが大切です。

当院ではパーソナルレッスンとグループレッスンを選択できます。

3.色と度数で体幹を整える 眼鏡製作販売

眼は脳の一部である。骨格系へのアプローチで効果がなかったことでも眼からの見え方を変えることで体幹が安定し、姿勢が整い、痛みが軽減することが実証できてきました。レンズの色と度数で体幹を整える眼鏡の製作をします。 体幹を整える眼鏡について詳しくはこちら➡

Innovationglassとは?なぜ体幹が整うのか?

色は脳で見る
なぜリンゴは赤く見えるのでしょうか?

人間は特定の波長を色として感じるのです。

光は波の性質を持ちその周波数は連続的です。

色は光の周波数を見分ける時に脳が行う今日妙な処理の一つです。

Newton I は「光線には色はない」という名言を残しました。

これは色は物理世界に存在するのではなく、波長の違いを脳が色として見る。

つまり「色を見るのは脳である」という意味です。

眼で見た情報はどのように処理されるのでしょうか?

眼から入った情報は2つのルートによって処理されます。

①眼球➡視床の外側膝状体➡後頭葉 第一次視覚野➡前頭野へのルート

②眼球➡中脳の上丘➡扁桃体(あるいは連合野)

ここでは無意識な視覚情報として処理される 霊長類や新生児の視覚機能は十分に発達していないため解析度の低い情報をこのルートで処理しているといわれている

この2つのルートからの情報がミックスされて連合野で判断する

視覚からの情報で運動が行われるときの情報の伝達ルートは??

運動が始まる前に無意識化で姿勢の制御が起こる 例えば手を前に出そうとすると、身体が後ろに倒れないように背筋や大腿部の後ろの筋肉に先に力が入る。これが運動前皮質から脳幹(中脳・橋・延髄)➡脊髄➡筋肉が動くルートである。

その後に運動する指令が運動4野から手を前に出す指令が脊髄から手を前に出す筋群に指令がでる。

なぜ眼鏡のレンズの色と度数で体幹が整うのか?

外側運動制御系と内側運動制御系があって体幹の安定には内側運動制御系が働きます。外側運動制御系は反対側の手や顔、足の運動や感覚をつかさどる。

内側運動制御系は両側の筋肉を支配します。

体幹のテストはこの制御系を利用しています。

平衡な位置やバランスを保つこと、起立(立っていることの維持)脊柱を伸展しておくことで姿勢調整や歩行に働いています。

網様体脊髄路といって脳幹から下降します。

キーポイントは脳幹の一部である中脳です。

意識下において行う随意運動の神経回路とは別に無意識化での姿勢制御が行われているのです。

つまりこの経路が正常に働いていなければ体幹を安定することができないのです。

色は意識的・無意識的の神経回路で脳幹から脊髄に伝えられます。

いろに対する過去のイメージでも反応が変化します。

体幹の安定も無意識の神経回路で不随的に脳幹から脊髄に伝えられて姿勢の安定が確保できます。

innovationglassは体幹の安定する色をサポートカラーとして測定し、お客様にあったレンズで眼鏡を作成いたします。