みずほ治療院について

ホリスティックみずほ治療院

当院の名前に使用している「Holistic」の語源はギリシャ語のholos で「全体的な」という意味です。

人間の身体を部分的に観るのではなく、心と身体の繋がりまでも統括的に観察するということを目指しています。

◆MPS 筋膜性疼痛症候群 という考え方

医療現場では、X線、CT、MRIなどの画像診断で構造異常が見られなければ、加齢や心のせいとされてきました。

その様な診断を受けた多くの患者様は原因不明の症状に悩まされています。

人が痛みを感じる解剖学的部位のほとんどがfascia(ファシア)であるといわれています。

ファシアとは結合組織の総称で皮膚、皮下組織、脂肪体、筋膜、骨膜 等を指しています

筋膜性疼痛症候群 MPS は筋膜に注目した概念です。

患者様の自覚している症状において、自覚症状がある部位自体に問題があるとは限りません。

悪い姿勢や動作の癖などの影響を受けている場合も多く、そのため十分な治療には問診、理学検査、動作分析が重要となります。

動作分析の上で圧痛部位へのエコー観察を行い、徒手または鍼でリリースを行います。

また、リアライン コンセプトにより歪んだり本来の動きを失った関節を理想的な状態に整える運動療法を実施します。

治療効果を持続させ、再発の予防には運動療法は欠かせないものです。

平成7年に藤沢市で開業、患者様に寄り添う治療院として一人でも多くの治療難民を救う事を目指して活動しています。

また、若い治療家向けに「治せる鍼灸師になるため」のセミナーを開催しています。

HOME

治療例

あきらめない狭窄症難民の患者様の治療
耳鳴りの治療
左膝の膝蓋骨下部の痛み

新着情報

膝の打撲とブロック注射後のしびれ
膝の打撲とブロック注射後のしびれ
2月 25, 2021
①膝の打撲 患者様の症状 2/24 転倒して膝の打撲変形性足関節症股関節臼蓋形成不全バネ指 痛みは強度な方々でしたので、エコー観察、トリガーポイント鍼、井穴刺絡などの方法で施術しました 終わったーーと一息ついたのも束の間... ②ブロック注射後のしびれ 大切な方からの電話 「知り合いが整形外科でブロック注射の後痺れが強く苦しん...
足底の痺れ【治療例】
足底の痺れ【治療例】
1月 26, 2021
頭は柔軟に!脛骨神経に裏側からの刺鍼で即効で痺れ消失した症例 治療中に今までに経験のない治癒例があったので記事にします •左足底の第2〜5足趾の付け根あたりの痺れの症状 •裸足ではコードを踏んでいるような感覚の違和感 •足趾はギリシャ型で第2足趾が最も長い •常に足趾をを屈曲している癖がある •左右の慢性腰痛 評価 腰...
オンライン治療相談
オンライン治療相談
4月 17, 2020
オンライン治療の流れ 本日初めてのご相談をお受けしました 患者様は妊娠初期の方です 治療院にご来院したいとのことでしたが、コロナウイルス感染リスクを鑑みるとオンライン治療相談が最適であると考え、ご提案させていただきました まずは問診にいつものように時間をかけます • 痛みはいつから発症したか  2週間ぐらい前から • どんな時に痛むのか? ...
オンライン治療をはじめます
オンライン治療をはじめます
4月 10, 2020
あなたをそっと見守りたい いつでも痛み解決のプロ鍼灸師に相談できる 新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が発令されました 治療院にご来院になりたくても現実に外出ができずにお困りの方もいらっしゃいます 今やネットやテレビで多くの医療、健康に関する情報が氾濫しています その情報に振り回されてしまうことがありますよね 開業以来延べ7万人の...
コロナウイルスについての指針
コロナウイルスについての指針
3月 29, 2020
当院では新型コロナウイルス感染予防について、以下の通りの行動指針を採用しております。 どうぞ安心して受療下さい。  院内の換気  皆様の手を触れる場所の徹底したアルコール消毒  院長、スタッフの検温、マスク着用  患者様にご来院前の検温、ご来院時の手指の消毒とマスクの着用をお願いしております。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★...
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症
6月 10, 2018
今朝のテレビの放送 脊柱管狭窄症の患者さんが登場して、痺れの辛い症状を訴える。 整形外科医がMRI画像を見せながら説明する。 悪化する前に早期の手術を勧めている。 この放送を見てまた多くの狭窄症の患者様が迷い苦しむことになってしまう。 当院の患者様にも狭窄症やヘルニアの所見が出ている方もいらっしゃる。 心療整形外科の加茂 淳医師も現状に警鐘を鳴らしている...

お問い合わせはこちら