Re balance眼鏡 x innochi

ピラティスインストラクターの眼鏡製作

今回は近方用のイノチグラス製作です。非常に感覚の鋭い方ですのでレンズ挿入時の体の反応が素晴らしいです。

その一部を紹介します。

◆右眼に外斜位から正位に戻すベースインのプリズムレンズ装入 

歩行にて地面に接地する時の踵骨の位置が外側から中央部に調整される→ 距骨と脛骨による距腿関節の

可動性が改善された。腓骨周辺の違和感、腓骨筋の緊張の軽減

◆左眼に首の傾きを調整するためのベースダウンのプリズムレンズ装入 眼位の調整とともに詰まっていた鼻がスッと通る感じ呼吸が楽になった。

1日に何冊も読むという読書家、最近読むスピードが落ちてきたのは近方の調節力が落ちてきたからかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA